So-net無料ブログ作成

ハレオトコ [日々鉄道小景~ショートストーリー]

昔、「はれおとこ」と呼ばれていた時期があった。

家族の大切な記念日、学校の入学式、友達と出かけたバーベキュー、そして・・・
大切な人と出かけた大切な旅行。いつも、いつも晴れていた。

「いっしょに旅行に行くときはいつも晴れてるよね!」と、車の助手席でとびきりの笑顔で笑っていたあの子は、今はどこで何をしているのだろうか。

なぜか、雨は僕に晴れの日の出来事を思い起こさせる。
それが、人間の持つ逆説的思考からくるものなのか、潜在意識の中にある淡い記憶のかけらなのか、僕には分からないけれども。

「ハレ」と「アメ」。両方とも自然界には無くてはならないものなのに。
人がハレを恋するのは、やはり本能的に明るさを求めているからなのだろうか。

そして。
「私が一人で出かけるときは、いつも雨だから、やっぱり君が『はれおとこ』なんだよ。」
と少し寂しそうな顔をして付け加えたあの子に、
なぜ「時には雨も必要なんだよ」と、あの時言ってあげることが出来なかったのか。

もし、今再会できるのなら。
僕は雨の日に。
あの子と一本の傘をさしながら、ぬれた街を歩きたい。

20090531_294.jpg
[都電荒川線 荒川遊園地前 by Canon EOS 50D]


にほんブログ村 写真ブログへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。