So-net無料ブログ作成

ハレオトコ [日々鉄道小景~ショートストーリー]

昔、「はれおとこ」と呼ばれていた時期があった。

家族の大切な記念日、学校の入学式、友達と出かけたバーベキュー、そして・・・
大切な人と出かけた大切な旅行。いつも、いつも晴れていた。

「いっしょに旅行に行くときはいつも晴れてるよね!」と、車の助手席でとびきりの笑顔で笑っていたあの子は、今はどこで何をしているのだろうか。

なぜか、雨は僕に晴れの日の出来事を思い起こさせる。
それが、人間の持つ逆説的思考からくるものなのか、潜在意識の中にある淡い記憶のかけらなのか、僕には分からないけれども。

「ハレ」と「アメ」。両方とも自然界には無くてはならないものなのに。
人がハレを恋するのは、やはり本能的に明るさを求めているからなのだろうか。

そして。
「私が一人で出かけるときは、いつも雨だから、やっぱり君が『はれおとこ』なんだよ。」
と少し寂しそうな顔をして付け加えたあの子に、
なぜ「時には雨も必要なんだよ」と、あの時言ってあげることが出来なかったのか。

もし、今再会できるのなら。
僕は雨の日に。
あの子と一本の傘をさしながら、ぬれた街を歩きたい。

20090531_294.jpg
[都電荒川線 荒川遊園地前 by Canon EOS 50D]


にほんブログ村 写真ブログへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

なやみ [日々鉄道小景~ショートストーリー]

「なやみはつきないなあ、にんげんだもの」と詠んだ詩人は、今はもうこの世の人ではない。
そう、「にんげん」なんだから、悩みは尽きないもの。
でも、心のどこかで、それを解決したくて焦っている自分がいることに、また気づく。

解決できない悩みがあるとき、人は神頼みをするもの。
江ノ電沿線にある、この小さな神社にも、多くの人が訪れ、多くの悩みが打ち明けられたことだろう。

そんな自分も、手を合わせれば、解決して欲しい悩みをたくさん並べていることに気づく。

「悩みが尽きないのは人間らしい証拠。」なんて、
相田みつをのように考えることができたなら。
多分自分自身のちっぽけな悩みなんて、すぐに解決できるだろうに。

ふと鳥居の向こうを、一両編成の江ノ電が走り去り、
あとには一陣の風が海風のように吹き抜けていった。

この暑い夏の日に。
天空から差し込む木漏れ日を受けながら。
僕は、今日だけは、こんなふうに祈ることにした。




「僕に関わったすべての人に、幸せが訪れますように」



遠くで江ノ電の汽笛が聞こえた。
海の、かおりがしていた。


20100719_066.jpg
[2010/07/19 江ノ島電鉄 長谷-極楽寺 by Canon EOS50D]
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

アメニモマケズ [日々鉄道小景~ショートストーリー]

あきばれ。漢字で書くと秋晴れ。
この言葉が作られた時代には、おそらく晴れの日が多かったであろう、初秋の福島。

昨今の猛暑、ひいては地球温暖化が問題なのか、私には分からないが、
勢い込んで出かけた休日の福島は、あいにくの雨模様。

「あ~あ、ついてないなあ・・・」
秋晴れの青空に、稲穂が風に舞いながら、ローカル線が遠くから走り去って行く・・・
そんな「感動的な」シーンを撮影できることを思い浮かべて、東京から車を走らせていた私には、
強い失望の気持ちがあふれていた。

お天道さまを恨もうにも、大きな雨雲という名の守り神様に隠れて、姿を現しもしてくれない。

「お~い、ちょっとで良いから、顔を出してくれよ~」と空に向かって叫んでみても。
いっかなお天道さまの「お」の字も見えやしない。

さすがにちょっとふてくされながら、農道に下りていくと、
たわたに実る稲穂に、雨粒が。そしてその更に先に小さな蜘蛛が動いていた。

昨夜から降り続いていたであろう雨にも負けず。
小さな足を懸命に動かして、自分の居場所を求めて、生きていた。

「頑張れよ・・・」

誰にともなくつぶやきながらファインダーを向けたその先を、
雨の色と、稲穂の色を車体にまとった臨時列車が静かに通り過ぎて行った。

20100920_005.jpg
[2010/09/20 磐越西線 中山宿-磐梯熱海 By Canon EOS50D]


にほんブログ村 写真ブログへ

タグ:磐越西線
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

想いは空の彼方へ [日々鉄道小景~ショートストーリー]

僕の心の喜びを、いくら雲に向かって叫んでみても。
雲は何も語らない。

僕の心の悲しみを、いくら空に向かって叫んでみても。
空は何も語らない。

そこにはただ、白い雲と青い空があるばかり。

あの空に舞う、ひとすじの雲のように、僕の心も無限の可能性に向かって
羽ばたいていけたら、どんなにか幸せだろうか。

そんなことを思いながら、空を見上げていたら、
大きな警笛を鳴らしながら、列車が鉄橋を渡っていった。

そうか、君も決まったレールの上をひた走る存在だったんだね。

鉄橋を渡る列車の、規則的に刻まれるジョイント音を聞きながら、
僕は不意に涙した。今日の空が明日の空につながっていることを祈って。

20101011_033.jpg
[2010/10/11 八高線 東飯能~金子 By Canon EOS 50D]


にほんブログ村 写真ブログへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ばんえつ物語号 [福島]

久々の更新ですが・・・
こちらも久々に「鉄道写真」的な写真を撮ったので、掲載します。
幸運にも、この日はたくさん煙が出ていたので、曇りでしたが、ある程度絵になりました。

20100920_065-2.jpg
[2010/09/20 磐越西線 山都~喜多方]
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。