So-net無料ブログ作成

アメニモマケズ [日々鉄道小景~ショートストーリー]

あきばれ。漢字で書くと秋晴れ。
この言葉が作られた時代には、おそらく晴れの日が多かったであろう、初秋の福島。

昨今の猛暑、ひいては地球温暖化が問題なのか、私には分からないが、
勢い込んで出かけた休日の福島は、あいにくの雨模様。

「あ~あ、ついてないなあ・・・」
秋晴れの青空に、稲穂が風に舞いながら、ローカル線が遠くから走り去って行く・・・
そんな「感動的な」シーンを撮影できることを思い浮かべて、東京から車を走らせていた私には、
強い失望の気持ちがあふれていた。

お天道さまを恨もうにも、大きな雨雲という名の守り神様に隠れて、姿を現しもしてくれない。

「お~い、ちょっとで良いから、顔を出してくれよ~」と空に向かって叫んでみても。
いっかなお天道さまの「お」の字も見えやしない。

さすがにちょっとふてくされながら、農道に下りていくと、
たわたに実る稲穂に、雨粒が。そしてその更に先に小さな蜘蛛が動いていた。

昨夜から降り続いていたであろう雨にも負けず。
小さな足を懸命に動かして、自分の居場所を求めて、生きていた。

「頑張れよ・・・」

誰にともなくつぶやきながらファインダーを向けたその先を、
雨の色と、稲穂の色を車体にまとった臨時列車が静かに通り過ぎて行った。

20100920_005.jpg
[2010/09/20 磐越西線 中山宿-磐梯熱海 By Canon EOS50D]


にほんブログ村 写真ブログへ

タグ:磐越西線
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。