So-net無料ブログ作成

なやみ [日々鉄道小景~ショートストーリー]

「なやみはつきないなあ、にんげんだもの」と詠んだ詩人は、今はもうこの世の人ではない。
そう、「にんげん」なんだから、悩みは尽きないもの。
でも、心のどこかで、それを解決したくて焦っている自分がいることに、また気づく。

解決できない悩みがあるとき、人は神頼みをするもの。
江ノ電沿線にある、この小さな神社にも、多くの人が訪れ、多くの悩みが打ち明けられたことだろう。

そんな自分も、手を合わせれば、解決して欲しい悩みをたくさん並べていることに気づく。

「悩みが尽きないのは人間らしい証拠。」なんて、
相田みつをのように考えることができたなら。
多分自分自身のちっぽけな悩みなんて、すぐに解決できるだろうに。

ふと鳥居の向こうを、一両編成の江ノ電が走り去り、
あとには一陣の風が海風のように吹き抜けていった。

この暑い夏の日に。
天空から差し込む木漏れ日を受けながら。
僕は、今日だけは、こんなふうに祈ることにした。




「僕に関わったすべての人に、幸せが訪れますように」



遠くで江ノ電の汽笛が聞こえた。
海の、かおりがしていた。


20100719_066.jpg
[2010/07/19 江ノ島電鉄 長谷-極楽寺 by Canon EOS50D]
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。