So-net無料ブログ作成

運命 [日々鉄道小景~ショートストーリー]

20101127_007.jpg
「わたしね、人の運命がわかっちゃうんだ・・・」
はるか彼方まで続く鉄路が、赤い夕焼けに染まる風景を見ながら、
彼女はぽつりとそうつぶやいた。
「えっ?」
驚いて振り向いた僕をじっと見つめながら、
「会う人がね、いつどこでどんな人と知り合って、どんな仕事に就いて、誰と結婚して、
そして……いつ死ぬのかも」
寂しそうに笑う彼女の大きな瞳には、天空に広がる茜色の空が映し出されていた。
もしかしたらその瞳の色は、空の色だけではなかったのではないかと思わせるほどに。

秋の終わりの田舎の空は限りなく澄んでいて、ひとすじのうろこ雲がまるで
終わりゆく季節を惜しむかのように地平線の彼方に伸びていた。
遠くの山の端に、今まさに消えんとする夕陽の最後の一しずくを受けながら、
その山に向かって一直線に伸びる眼前の鉄路もまた、赤く輝いていた。

もし、運命というものが存在するのなら。
人はそれに抗うことなど出来ないのかも知れない。
それは、やはりとても悲しいことなのだろう。

そして、
それを否応なく知ることになる彼女の悲しみもまた、
計り知れないものがある、と僕は思う。

普段は子供のように無邪気に振る舞っている彼女の、
それは初めて見せる一面だった。

もし、運命というものが存在するのなら。
それは眼前に広がる鉄路のようなものなのかも知れない。
僕たちが、そこにレールがあることに気づかないだけで、
もうずっと前から、そこにはレールが敷かれているのかも知れない。
列車は深い谷を渡り、高い山を登り、
春の桜、夏の海、秋の紅葉、冬の雪
めぐり行く季節の移ろいの中を駆け抜けながら、
一路、終着駅という名のゴールを目指しているのだから。

それでもなお。
僕は信じたい。
運命を作って行けるのは、他の誰でもない、自分自身だということを。

「僕の運命も分かるの・・・?」
そう問いかける代わりに、僕は彼女の右手を強く握った。
彼女は戸惑いながらも、少し遠慮がちに、それでも力強く、その手を握り返してきた。

僕たちの運命は、この線路のように平坦でまっすぐなものではないかも知れない。
そして、彼女もまたそれを分かっているのだろう。

それでも、僕たちは歩き続ける。
そこにレールがある限り。

・・・・・・終着駅という名のゴールに向かって。

僕たちは、日がすっかり暮れた群青色の空の下、
線路に沿った田舎道を、手を取りあって歩き始めた。

遠くの草陰から、虫たちの鳴き声が聞こえてくる。
空では大きな月が、そしてその隣では宵の明星が、小さく輝いていた・・・・・・


[カバー写真 2010/11/27 久留里線 小櫃-下郡 この物語はフィクションです]

↓↓クリックご協力お願いします↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ
2011年カレンダー頒布について
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

秋の日差しを受けて [静岡]

秋の柔らかな日差しに木々の葉がキラキラと輝いているその先を、老齢の蒸気機関車が静かに駆け抜けていきました。

次回ショートストーリーは今週土曜日夜公開予定! 乞うご期待!! (写真の仕入れ状況によって、公開日が延期となる可能性があります(笑))

20101120_084.jpg
[2010/11/20 大井川鉄道 田野口-下泉]

2011年カレンダー頒布について
↓↓クリックご協力お願いします↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

郷愁 [静岡]

すすきの波の中を走り来るSLは、懐かしい少年時代の郷愁を思い起こさせます。
今日は終日静岡は快晴で、大井川鉄道でも紅葉や秋の雰囲気を絡めて良い写真が撮れました。

予定外に撮影に来てしまい、おかげで(?)大学のサークルOBの集まりに参加できませんでした・・・
ゴメンねT君・・・m(_ _)m

20101120_056-3.jpg
[2010/11/20 大井川鉄道 地名-塩郷 By Canon EOS50D]

2011年カレンダー頒布について
↓↓ クリックご協力お願いします ↓↓
にほんブログ村 写真ブログへ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

関の沢鉄橋~大井川鉄道 [静岡]

先週末に、大井川鉄道に撮影に行ってきました。
あいにく、曇り空だったのですが、列車通過の瞬間に晴れてくれたのでホッとしています。

写真は井川線の「関の沢鉄橋」です。
高さ100mの鉄橋は乗るのも楽しいですが、遠くから絶景を見ているのもなかなか楽しいです。
このポイントは、尾盛と閑蔵の間で、尾盛側からしか現在はいけません(途中崩落箇所があるため)。
民宿接岨がある曲がり道を左に入って、道なりに行き止まりまで行ったところです。

詳しくは観光協会の地図をご参照下さい。
http://www.okuooi.gr.jp/map/a_sesso.asp

普通の観光客の方もいらしていたので、週末お出かけになってみては如何ですか・・・?
ちなみに、静岡ICから362号線→千頭といくよりも、清水ICから県道27→189→井川から行った方が空いているような感じでした(道の狭さはほぼ同じです(^^;;) )

20101113_148.jpg
[大井川鉄道 井川線 尾盛~閑蔵 2010/11/13]

2011年カレンダー頒布について
気に入られたらクリックご協力お願いします↓

にほんブログ村 写真ブログへ


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

ふるさと [日々鉄道小景~ショートストーリー]

20101106_141.jpg

「あっ、この人知ってる!わたしのふるさとの偉い人だもん。たしか『銀河鉄道の何とか』とか書いた人だよね!苗字は・・・石沢だっけ?」
・・・上野駅地平ホームに立つ石碑を見ながら、彼女は笑って得意げにそう言った。
「違うよ。『銀河鉄道の夜』を書いたのは宮沢賢治。この人は短歌とか詩とかを作った人だよ。それと苗字はイシカワ。」
偉人の名前もその作品名も、あきれるほど違っていたけれど、なぜか二人とも彼女の故郷の出身であることだけは正しかった。
「え~、そーなの?なぁんが、またおべたふり(知ったかぶり)したみてぇだねぇ」
僕としゃべるときは、いつもつい出てしまうのだという方言を今日もまたうっかり出しながら、彼女はまだ幼さの残る横顔を赤らめた。

僕の故郷は、ここから電車で30分の所にある都心のベッドタウン。
彼女のふるさとは、ここから新幹線で2時間半、そこからローカル線に乗り換えて更に1時間はかかる田んぼと山以外何もないような、山奥の村。
二人とも故郷を出て、もう数年が経とうとしていた。

「・・・なあ。近くて帰れない故郷と、遠くて帰れないふるさと。不幸なのはどっちかなあ」
彼女の右手を少し強く握りながら、こう聞いてみた。いつも通り、少し考えてからニコっと笑い「う~ん、よく分かんない。でも近くにいる人と、こうやっていつまでも一緒にいられることが一番の幸せかなぁ」とあどけない笑顔で答えてくれることを想像していたが、

彼女はなぜか何も答えずに、すっと僕の手を離し、ホームの向こう側へ小走りにかけて行った。

「おい、待てよ~」追いかけようとした僕の耳に、ふと懐かしいアナウンスが聞こえてきた。

「業務連絡~トオサンバン 折り返しのイチマルサン列車接近!
お待たせいたしました~十三番線には~二十時五十七分発、東北線経由の青森行き~急行八甲田が到着いたします~白線の内側に下がってお待ち下さい~」

アナウンスを聞いた彼女は、クルっと振り向いて
「なつかしい~この電車、子供の頃よくこれでお母さんと東京さ来たよ~」と笑った。

「へえ、そうか…」
何で、新青森まで新幹線が伸びる年に、廃止されたはずの夜行列車が走ってるんだろう、と少し疑問に思いながらも、僕はやっと彼女に追いついて、手を伸ばして握ろうとした。



・・・・・・そこには何もなかった。
薄暗く白い天井で揺れている消えた電灯に向かって、僕は手を伸ばしていた。
部屋の中はほの白く、外では早起きのスズメの鳴き声が聞こえる。
昨日飲み過ぎたビールの空き缶がベッドの下に3、4個転がっているのを、ぼんやりと見つめながら、僕はのそのそと起き上がった。
時計を見ると針は4時半を指している。外からは朝刊配達をしているバイクの音が聞こえてきた。

ちょっと前までは、こんな夢を見た後は、必ず涙の跡が頬に残っていたものだけれど、最近はもう泣くこともなくなった。
「僕も少しは成長したのかな」
ぼぅっとする頭で、それでも心の芯には何か熱いものがあるのを強く感じながら、僕はそうひとりごちて、目覚まし時計の鳴る7時まで、もう少し横になることにした。

遠くの高架線を、始発の新宿行各駅停車が、静かに走り去って行く音が聞こえた。
「あの始発電車が、もしかしたら銀河鉄道の折り返し回送列車なのかも知れない・・・」
そんな馬鹿げた空想を思いながら、


僕はもう少しだけ、


まどろみに身を任せることにした。




カバー写真:2010/11/06 上野駅 Canon EOS50D この物語はフィクションです。

2011年カレンダー頒布について

にほんブログ村 写真ブログへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2011年カレンダー頒布のお知らせ [カレンダー販売(お知らせ)]

昨年作成し、好評を頂いたカレンダーを今年も作成いたしました(2011年版)。
つきましては、以下の通り頒布させて頂きますので、ご興味のある方はぜひお申込下さい!

①頒布価格 1冊800円(送料無料)
※ 2冊以上お申込頂いた場合には、1冊700円に割引させて頂きます。
  (2冊 1,400円、3冊 2,100円・・・但し大量ご注文の際は、お時間を頂く場合があります)
②お支払い方法 銀行振込(ゆうちょ銀行、楽天銀行(旧イーバンク)、ソニー銀行、ジャパンネット銀行からお選び頂けます)
③配送方法 普通郵便もしくはゆうメール(商品未着の場合は、同一商品の再送で対応致します。但し、郵便局への事故照会等でご協力をいただく場合があります)
④お申込方法
以下の注文情報をご記入の上、下記アドレスまでメールをお送り下さい(アドレスの題名に「カレンダー申し込み」と記載いただけると助かります)。折り返し、振込先口座情報をご案内します。入金確認が取れ次第、商品を発送致します。

【注文メールへの記載情報】
・郵便番号
・ご住所(マンションの場合、マンション名もご記入下さい)
・ご氏名
・連絡先電話番号
・注文部数

【メール送信先】
saitaman0309-order@yahoo.co.jp

⑤商品様式
・2ヶ月ごとにめくる形となっており(破る形式ではありません)、上下に壁止め用の穴が開いています。
・サイズ:見開きA4サイズ(縦30cm×横21cm)。発送時は半分のA5サイズになります。
・厚さ:折りたたみ時に約2mm
・紙質及び使用プリンター:PLUS社 デジカメしっとり光沢紙両面(IT-W125SG)及び他社の同質の紙を利用しています。紙の厚さは1枚約0.18mm×両面に印刷で4枚利用、プリンターはCanon PIXUS MP980を利用。
・掲載写真は下記みほんをご参照下さい。富士山と御殿場線、錦秋の鳴子峡他となっております。

1.jpg
[表紙:A5サイズ]

2.jpg
[壁掛け時イメージ:A4サイズ]

3.jpg
[掲載写真みほん]

それでは、ご注文お待ちしていま~す (^^)

※相対取引がご心配な場合は楽天オークションにも同様の出品をしておりますので、そちらをご利用下さい。但し複数購入の場合の割引はありません
楽天オークション掲載URL:
http://auction.item.rakuten.co.jp/10737985/a/10000009
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

錦秋の鳴子峡 [宮城]

ここ3回ほど、掲載する写真を題材に、詩もしくは物語風のコメントを書き添えてみました。
何人かの方からは個別に感想を頂きましたが、やはり文章を書くのは難しいと実感した次第です。

ただ、レトリックな文章を書くこと自体はどうやら嫌いではないようなので、これからも不定期で掲載を続けて行きたいと思います。

内容は、半分フィクションですが、文章を作っている時に感じている自分自身の気持ちを出来るだけ正直に投影させているつもりですので、私のものの考え方などが少しは分かって頂けるかも知れません。

批判も含めて、コメント等ありましたら、頂ければ幸いです。

さて・・・今日は趣を変えて、久々に旅行記録を。
11/3 文化の日に0泊で(!)宮城の鳴子峡に行ってきました。
朝5時に東京発→東北道→10時鳴子着 15時鳴子発→東北道他→21時東京着
という強行軍でしたが、紅葉が一番の見ごろを迎えていて、きれいでした~

山の天気は変わり易く、途中雪交じりの時もありましたが、何とか晴れの写真を1枚ものにすることが出来て、ほっとしています(^^;;)

20101103_035-2.jpg
[2010/11/03 陸羽東線 中山平温泉-鳴子温泉 by Canon EOS 50D]


にほんブログ村 写真ブログへ

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。