So-net無料ブログ作成

春の訪れ [千葉]

久々の土日連続更新です。
今回の震災で被害を受けた方はもちろんですが、人は毎日、いろいろな所で傷つき、人生というものがなんなのか、苦しみ悩みます。
私の身近にもそのような苦しみを抱えた人がいますが、冬の後には必ず春が訪れるということを信じて頑張ってもらいたいと思っている今日この頃です。
これはもしかしたら私自身へ宛てた言葉なのかも知れません…

一面に咲く菜の花を見ていると、春の訪れがもうそこまで来ていることを感じました。
皆さんの心にも、早く春が来ますように…

20110327_075.jpg
[2011/03/27 いすみ鉄道 東総元-久我原]

↓クリックご協力お願いします↓

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

八ヶ岳を望む [山梨]

朝の澄んだ空気の中、遠くの八ヶ岳を望みながら、2両編成の小海線がゆっくりと走り去っていきました。

この日、次回ショートストーリーの最終章に使用する写真を撮影に、山梨は小淵沢まで来てしまいました。
どんな写真を撮ったのか?(この写真ではありません)それは最終章発表時のお楽しみにしておきます(^^)

さて、次回ショートストーリーの話が出ましたので、少し詳細を公表したいと思います。
現在、第1章を執筆中で、ようやく1stドラフトが完成間近です。
ただし、今回は長編なのでどうしても話が単調&説明的になってしまい、これから数回推敲をしなければいけないと感じています。

楽しみにされている方のために、題名等を発表しましょう(^^;;)
題名は・・・「夏の雪」です。
ちょっとミステリアスですかね?でもバリバリの(?)恋愛ものですよ(笑)
三島由紀夫の「春の雪」のパクリではありませんが、今までの作品のようにプラトニックでは済まないかもしれません(笑)

あと章立てですが、4章構成になっちゃいました(^^;;)う~ん、長いなあ(笑)
まあ、一応「起承転結」ということで・・・

ちなみに第1章「東京」ですが、肝心の写真が未撮影です(爆)
文章自体も推敲を重ねたいので、発表はもうあと1~2週間お待ちください(^^;;)

今後1~2か月に1本の割合で発表し、大体夏くらいに最終章の公表にこぎつけたいと思っています。
楽しみにされている方には恐縮ですが、第1章の発表までもうしばらくお待ちくださいm(_ _)m

それでは。よい週末をお過ごしください。

20110306_133.jpg
[2011/03/06 小海線 小淵沢~甲斐小泉]

↓↓クリックご協力お願いします↓↓

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ

タグ:小海線
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

東北関東大震災で被災された皆様へ [その他]

このたびの東北関東大震災に際し、想像を絶する被害に遭われた多数の被災者の皆様に対しまして心からお見舞いを申しあげますとともに、尊い命を落とされた数多くの犠牲者の方々に対しまして謹んで哀悼の意を捧げたいと存じます。また依然行方不明の方々と連絡が取れないご家族やお知り合いの皆様の胸中を察するに余りあるものがございます。

既にこのブログでも紹介をさせて頂いております通り、もともと埼玉の出身ということもあり、距離的に近い東北地方へは頻繁に旅行に出かけており、そのときの写真も何枚かご紹介をさせて頂いております。
今回の被災地の中心である、青森・岩手・宮城・福島の太平洋岸へはそれほど多くは訪問しておりませんが、それでも宮古、岩手船越、釜石、遠野、八戸、仙台、名取、気仙沼、白河、いわき、久ノ浜など度々訪ねており、訪れるたびに、その風光明媚な景色とそこを走るローカル線の風情に心を癒されたことが思い出されます。

今回の震災で、あのような美しい風景が一変してしまったのをテレビ越しにではありますが、拝見し非常にショックを受けるとともに、住民の皆様の悲痛な声を聞くにつけ、自然の猛威の恐ろしさと、自らの無力さを痛感している次第です。

東京という遠く離れた地で、私のような一個人が貢献できることは非常に小さいものであるとは思いますが、何か少しでも被災地の皆様のお役に立てればと考えております。
金銭・物理的に募金等を通じて支援させて頂くことはもちろんですが、自分のライフワークであるこのブログを書き続けていくこともその一つではないかと感じております。
ライフライン復旧のめども立っておらず、明日の命や食料さえ不安に感じていらっしゃる方々に対して、「ブログを書き綴るということなど、何をふざけたことを」とお叱りの声を頂くことは重々承知しておりますが、それでもなお、もし近い将来、被災地の皆様の中のどなたか一人でも、私のブログや拙作の写真、小説等をご覧になって、そのお気持ちに勇気や希望を与えることが出来るのであれば、それは少しでも意味のあったことなのではないかと考えております。

岩手のとある海岸沿いの町では、今回の震災による犠牲者が奇跡的にゼロであったことを知り、大変安堵致しました。本当に「不幸中の」幸いではございますが、このような喜びを一つ一つ積み上げていければと思います。そして私のこのブログが、その積み上げる喜びとは比較にならないかも知れませんが、ほんの小さな礎にでもなってくれれば、それは大変ありがたいと存じます。

都会で生まれ育ち、田舎というものを持たない私ですが、日本の田園風景や海、山の美しさ、そしてそこを走る鉄道の、地域と共に生きる姿が本当に好きで、もう十年以上鉄道風景を撮り歩いております。
いつの日か、今回の被災地がまたもとのような美しい日本の原風景を取り戻す日が来ることを、またそこで暮らされる皆様に笑顔が戻ってくる日が来ることを、心よりお祈り申し上げております。

被災地の皆さん、どうか頑張ってください。遠い東京の空より、被災地の復興を心からお祈り申し上げております。

20090922_039_1.jpg
[釜石線]
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

あとがき~『記憶のかけら』の出稿を終えて [日々鉄道小景~ショートストーリー]

京浜東北線の車内でのふとした出会いから、呼び起こされる過去の記憶…
勇太の過去にいったい何があったのか…

大変長らくお待たせ致しました。日々鉄道小景~ショートストーリー 最新作「記憶のかけら」、いかがでしたでしょうか?

↓↓まだ読まれていない方はこちら↓↓
http://sekiyu-oh.blog.so-net.ne.jp/2011-02-24

まずは、出稿まで大変時間がかかってしまったことをお詫びしなければなりませんm(_ _)m
しかも、予告編でその週末に出すといっておきながら、更に1週間かかってましたし・・・(笑)
そば屋の出前みたいでしたね・・・(^^;;)

とにかく、今回も難産でした。物語のプロットはだいぶ前から出来上がっていたのですが、後半の箇所、主人公の記憶が呼び起こされる辺りの記載が非常に説明的になってしまい、何度も書き直しています。登場人物も若干異なっていました…
出来栄えとしては、70点くらいですが、今までに出した作品の中では一番小説らしいかな?(^^)

「いつも恋愛小説ばかり書いてますね」と言われたので(笑)、今回は「一応」家族小説を書きました(^^)。
僕もおばあちゃん子で、この物語の一部には自分の経験も含まれていますが、原則はフィクションです。

・・・実はいろいろな心境の変化があり、今回、この物語は出品せずにお蔵入りにしてしまう予定でした。
しかし、何人かの人からの励ましを受け、気持ちを切り替えて無事作品として仕上げることが出来ました。

催促という形で激励してくれた(?)H君、
相談に乗ったり、落ち込んでいる僕の気持ちを聞いてくれたRさん、
本当にありがとう。君たちの支援があったからこそ、この作品は完成したのだと思います。

この物語を読んで、家族とか愛情とかについて再考してもらえたら、作者としては望外の喜びです。
そして出来れば、感想をお寄せいただけると大変うれしいです!
もちろん、「ココはこう書いた方が良い!」とか「こんなエピソードの作品も書いて!」などのご批判、リクエスト、何でも結構です!! コメント欄にはなかなか残しづらいようであれば、以下のメールアドレスか、facebook・mixiでコメントいただいても全然OKです!(facebookにいらっしゃるともれなく、私の本名が分かります(笑))

これからの作品作りのエネルギーにもなりますので、是非よろしくお願いしますm(_ _)m

メール: saitaman0309-blog@yahoo.co.jp
facebook: http://www.facebook.com/kentaro.arai
mixi: http://mixi.jp/show_profile.pl?id=34989982

・・・さて、次回作ですが、回を追うごとに話が長くなっているので(笑)、次回は3部作とします!
話はやはり恋愛ものですが(爆)、もしかしたらピュアな話にはならないかも知れません(笑)
R18指定ものかも!? お子様はご遠慮下さいませ(笑)

現在、鋭意プロット作成&執筆中ですので、完成まで今しばらくお待ち下さいm(_ _)m

それでは!

20110205_015.jpg
[2011/02/05 釧網本線 塘路~茅沼(サルボ展望台より)]

【クリックご協力お願いします】

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。