So-net無料ブログ作成

夏の雪~あとがきに代えて [日々鉄道小景~ショートストーリー]

僕にも結局、雪の降る音は分かりませんでした (笑)

冒頭の一文をテーマに描き続けてきた今回の小説「夏の雪」。先日めでたく(?)完結致しましたが、いかがでしたでしょうか?

まだ読まれていない方は、こちらからどうぞ
第1章
http://sekiyu-oh.blog.so-net.ne.jp/2011-04-23
第2章
http://sekiyu-oh.blog.so-net.ne.jp/2011-06-04
第3章
http://sekiyu-oh.blog.so-net.ne.jp/2011-06-18
終 章
http://sekiyu-oh.blog.so-net.ne.jp/2011-06-29

ご多分に漏れず今回も難産で、ワードの修正履歴も相当な数に上り(笑)、数多くのボツ原稿が生み出されました(笑)。
時間的にも1か月以上アップしなかったと思ったら、急に最終章まで駆け足でアップするなど、タイミングがバラバラで、楽しみにされていた方には、定期的に発行できず申し訳ありませんでしたm(_ _)m

今回初の試みとして、4章構成となり、話のボリュームも(ブログに載せるものとしては)相当なものとなりましたが、プロットとしてはまあまあ上手く出来たかな?と思っております。
ただし、「説明書きが長い、しつこい!」という点は引き続きご批判を受けており、文章力のなさを痛感している次第です(汗)

今回は登場人物の設定が最初にあり、そこから話を膨らませて行ったのですが、個人的には主人公2人+コウさんの3人が実に良い働き(?)をしてくれて、途中からは作者である僕の手を離れて自由に行動してくれたような気がします。いや~三人とも良い役者でした(笑)

ちなみに、恋愛小説で3人目の脇役を、男女二人を見守る役として登場させるのは、重松清さんの「疾走」という小説からヒントを得たものです。あちらはもっとエグい(?)表現てんこ盛りの、18禁小説じゃね~の?という内容なので、ご興味のある方は一度読んでみて下さい(笑) あ、内容はとても良い小説ですよ(汗)

さてさて……当初、雪をテーマにしようと思ったのは、2月に東京で大雪が降った翌日、会社近くの大通りの雪が昼過ぎにはとけてしまったのを見て思いつきました。そのときは「すぐにとける雪=都会、とけない雪=田舎」という対立構図で物語を構築しようと思っていたのですが、最終的には「雪の降る音」がテーマになりましたね。

「雪の降る音」の発想については、もう5年以上前になりますが、会津の山奥で只見線の撮影をしていたとき、国道なのに車が一台も通らず、一直線の道にしんしんと雪が降り積もっていく様子や、ピーンと張りつめた冷たい空気、雪がすべての音を吸収して余計に静かになっていくのに、その中でなお雪の降る音だけは聞こえるような感覚を得たことがあります。
ただ、僕自身も実際に雪の降る音が聞こえるわけではありません(笑)。やはり僕の心も汚れているからかも知れませんね(笑)。

個人的には、題名の謎かけ(?)の答えをラストで明かす所がミソかな~と思っているのですが、ラストの書き方がどうもへたくそで、どこまで共感してもらえるか、ちょっと不安です(笑)
(最終章掲載の写真も車中泊までして撮ったのですが、掲載してみるとあまり綺麗ではありませんでしたね(笑))

……今回の物語、どのようなメッセージを感じ取られるかは、人それぞれだと思いますが、僕自身としては「幸せとは何か」というテーマで描いてきたつもりです。
それはおそらく、この数か月の僕自身の心の迷い(?)が文章に現れた結果なのでしょう(笑)。

この物語に描いたような体験をされる方は稀かも知れませんが、人間生きていればいろいろな困難にぶつかるときもあると思います。そういった時に、この小説を読んで少しでも共感してもらったり、元気を与えたりすることができたのであれば、それは作者として望外の喜びです。

出来ましたら、感想や批判(長野電鉄は非電化じゃないぞ!とか(爆))その他もろもろ、コメント欄への記載やメール等でお寄せいただければ幸いです。メールアドレスはこちら↓
saitaman0309-blog@yahoo.co.jp

そうそう、今回は最終版を製本してみました(どんだけ気合入ってるんだ…)。
もし欲しい方は個別にメールを頂ければ無料でお譲りすることが可能です。

今回、かなり気合を入れて書いたので、しばらくは小説については休養を挟みたいなあと考えています(笑)。まあテーマとしては、いくつか思いつくのがあるので、しばらく経ったらまたアップできればなあと思いますが。
ただ、撮影については引き続き行う予定ですので、しばらくはまた元通りの(?)鉄道風景写真ブログに戻ると思います。引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたしますm(_ _)m

最後になりますが、今回の小説を書くにあたり、いろいろとアドバイスやヒントを頂いた方々、本当にありがとうございました。皆さんの温かいご支援があったからこそ、この物語を書きあげることができたのだと思います。

……今日は物語のサブテーマでもある七夕ですね。あいにくの空模様で、全国的に星は見られないかも知れませんが、ぜひ(好きな人がいる人は一緒に)空を見上げてみて下さい。僕も帰宅途中、自宅の近くで空を見ようと思います(あいにく僕は「一人で」ですが(笑))。

このブログを読まれているすべての方に幸せが来ることを祈りまして…
これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

20090711_246(修正圧縮前).jpg
[上毛電鉄 前橋中央駅]
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。